上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京医科歯科大学合格体験記"趣旨説明"

おれがなぜこのようなブログを始めるに至ったか、まず説明したい。

そうしないと、動機のない犯罪が不気味で理解できないように、おれがせっかく書いたブログもネット上の根拠のない作り話の一つと思われることを嫌うからだ。



きっかけは高校3年のクラス替えの時だった。

おれの高校には高校3年になるとBクラスというものが設置される。

おれの学年は文系4クラス、理系6クラス、だったがそのうちの文系と理系1つずつがBクラスと呼ばれ、その他のクラスはAクラスと呼ばれていた。

そのBクラスとは単純にいえば、頭がいい人が寄せ集められたクラス、である。


おれの学校の生徒の中にはそのBクラスを夢見て高1から勉強に励む生徒がいるほど人気が高かった。


「あの先輩Bクラらしいよ」
「え~かっこいい!」
って言う会話を聞いたこともある。

おれはそういうBクラスには全くと言っていいほど興味はなかったが、なんとなくおれはいやでもBクラスに入ってしまうだろうと内心考えていた。


ところが、








というか流れでわかると思うが、



おれはそのBクラスからはずされていた。




屈辱であった。




それにその時の担任の先生からは

「おまえは栄光のAクラスや」

と無駄に励まされた。





おれはただ悔しかった。

おまえは馬鹿だと高校の先生に烙印を押されたのだと感じた。





やってやる。

Bクラスの誰よりも頭良くなってやる。


おれの超負けず嫌いな性格に火がついたのだった。



そこからもう成績を上げるために一心不乱に頑張った。


定期テスト以外に勉強していなかったのをやめ(英語はしていた)、普段から勉強するようにした。

授業の予習をしっかりした。授業を寝ないようにした。

(まじめな人なら当たり前のことだけど・・・)



その一環として、おれはパソコンで情報収集するようになった。

勉強の効率を良くすることこそ、ほかの人と差をつけるポイントだと考えたからである。

田舎育ちで基本的に塾などは行かず、自学中心であるため問題集・参考書選びは情報を踏まえつつ慎重に行う必要があったのだ。

そういう風におれはネット上の情報を大きく利用して勉強に役立ててきたのであった。






以上の流れの中で感じたおれがこのブログをまじめに書く理由を2つ挙げる。


・ネットの情報にお世話になって合格した以上、おれもその成果をネットに還元する義務があると考えたから


・東京医科歯科大学に関しては情報がほとんどなく自分はとても苦労したので、おれが情報を発信して同じ志の受験生の助けとなりたいと考えたから

といった理由である。


よって、このサイトは東京医科歯科大学志望の受験生はもちろん、受験生全般を相手にしたブログにしていきたいのだ。



ただ受験勉強のブログは星の数ほどあるので、おれにしかできないことである東京医科歯科大学をピックアップしての記事も多く書いていきたい。


また、すこしでも質問があったらコメントにてしてもらえれば全部に返信しようと思っている。







話は変わるが、

おれは合格のことを考えると、特に合格最低点から2,2点だけ上のぎりぎりだったということを考えると、

この合格は決して自分の力だけで奪い取ったものではないと感じるのだ。

正直センターでは勘で書いたものがけっこうあったし、二次試験でもあと1問間違えることなんてたやすい。

おれが積み上げてきたものの中で何かひとつでも足りなかったら不合格であったのだ。




今まで出会ってきた先生たち、特に高3の時の先生陣は恵まれていた。

勉強のことはなにも言わず、おれをずっと見守ってくれていた両親もいた。

精神的に成長させてくれた英語の塾の先生にもお世話になった。

いつも図書館で一緒に勉強した友達や、学校の自習室で一緒に励ましあった友達もいる。

高1からずっと支えてくれた彼女もいた。





どの一つが欠けてもおれに合格はなかった。

ほんとにおれは合格させてもらっただけの存在だと感じているのだ。

だからこそこのようなブログで還元していきたい。





おれのそのような気持ちがこのブログの原動力である。


頑張ります。






P,S 次にどんな記事が書いてほしいか意見がある人はお願いします。

コメント

非公開コメント

No title

合格体験記をすべて読ませていただきました。
たいへん感動しました!

東京医科歯科大学の医学部医学科をめざしていますが
学校でも入試情報がほとんど無くて、困っていました。
とても参考になりました。

そこで前期の入試対策などについて、教えてください。

①英語の要約問題の対策は過去問を解く以外、どんな
 勉強法が有効でしょうか?

他の人に添削をしてもらうのがいいと聞いて学校の
 先生にお願いしようとしたら、なんと要約の添削は
 できないと断られてしまいました。。。
 英語の塾もやめてしまい、どうしたらよいか悩んで
 います。


②過去問を見たところ、数学は年によって難易度に差が
 あるようですが、どの教材をやったらいいでしょうか?
 
青チャートだけでは難しい問題に対応しきれるか不安
 になって、今「やさしい理系数学」という問題集をやり
 始めたところです。でも中身は、やさしくないみたいで
「大学への数学(1対1対応)」は易し過ぎる感じです。


③化学は「化学I・II標準問題精講」をほぼ終えたところで
 過去問を見たら、化学はかなり難しそうでした。今後は
 どんな問題集をやったらよいでしょうか?


④物理は少し得意なので「難問題の系統とその解き方」の
 例題を解き始めたところですが、意外と難しかったです。
 東京医科歯科大では、これが全部解けないとダメですか?

⑤今高3なので、高3の9月以降、入試までの勉強法とか
 生活、メンタル面など詳しいアドバイスをいただけたら
 うれしいです。

 成績の伸び率がすごかったというのは高3のいつ頃から
 でしたか?何か秘訣があったりしますか?
 二学期になりましたが、あまり伸びた感じがなく不安を
 感じています。


長くなってしまい、すみません。よろしくお願いします。



よろしくお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。